headimage

新版。”プレシジョン・リマスター・アート” オルセー美術館コレクション

2011年オルセー美術館がリニューアルされ、原画も洗浄され明るくきれいになりました。その最新の状態を復原したのが、プレシジョン・リマスター・アートです。 そしてその完成度の高さから、オルセー美術館より公式認定レプリカと認められました。

プレシジョン・リマスター・アートの10大特徴
  1. 世界初、世界唯一。
    プレシジョン・リマスター・アートはオルセー美術館リニューアル後の最新状態を復原した世界初、世界唯一の復原画です。

  2. 超一流名画の品揃え。
    今回は人気の名作を収録しています。
    「サン・ラザール駅」、「日傘の女」、「ルーアン大聖堂」などモネ全12点
    「ローヌ川の星降る夜」を加えたゴッホ作品5点
    ドガ「エトワール」、ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」、ミレー「晩鐘」など、超一流の名画全55点が品揃えされています。

  3. 思わず触りたくなるような立体感。
    アルステクネの最新テクノロジーDTIPにより復原された、プレシジョン・リマスタ ー・アートは絵の具の立体感を忠実に再現した超高精細復原画です。 実際は平面なのに、絵の具の立体感がそのまま復原されており、思わず触って確かめて見る人々が続出しました。この立体感が、オルセー美術館をして「世界で最も原画に近い復原画」といわせしめたものです。

  4. 画家の筆さばきを再現。
    プレシジョン・リマスター・アートのもつ立体感は、画家の筆さばきを忠実に再現して います。ここまで、忠実かつ立体的に筆さばきを再現した復原画は世界でもプレシジョン・リマスター・アートだけしかありません。 そして、この筆さばきの解析が、作家の制作意図や原作に込める想いを明らかにする ことで、原画の新しい見方や発見が可能になりました。 アート・リテラシーを向上できる復原画、それがプレシジョン・リマスター・アートです。

  5. 3回の現地校正
    プレシジョン・リマスター・アートは、以下3回の現地校正を行っています。 まず第一回目の校正は、撮影後の撮影データと原画との付け合わせです。 さらに2回目は、アルステクネの最新画像処理技術DTIPによるデジタルデータとの 照らし合わせです。 そして3回目は、このデジタルデータの出力原版と原画とのチェックです。 出力原版と原画を横に並べ、照明効果等同条件の元で、ひとつひとつ精緻に照らし合わ せ、検討を重ねたものです。 それぞれの校正時には、様々な差異の発見などがあり、これを3回繰り返しで行った 結果、「世界で最も原画に近い復原画」が実現できました。

  6. 世界で初めて、原色・原質・原寸レプリカコレクションの実現
    プレシジョン・リマスター・アートは、最新の撮影・データ処理技術、3回の現地校正などにより、 最新のオルセー美術館公式レプリカとして認定されました。現在、その種類は55点におよびますが、 これだけの種類の原色・原質・原寸レプリカコレクションは、世界でも初めてのものです。

  7. およそ1億画素によるマスター・デジタル・データ
    プレシジョン・リマスター・アートのマスターデータは、およそ1億画素のデジタルデータです。これだけの画素数をもつ復原画は他に存在せず、この超高精細細密データにより、出力サイズを変えても、質感や色彩には全く影響がありません。 そのため、用途や使われ方によるサイズ変更がいとも容易に行えます。

  8. 「マイクロ・ミュージアム」というお求めやすい製品ラインを付加
    超高精細圧縮復原画『マイクロ・ミュージアム』。復原画の質感や超高精細度はそのままに、およそA4サイズというコンパクトなサイズを開発いたしました。 特別額装入りで、コンパクトながらとても豪華な一品です。 ルーペを使って拡大してみると、まさに原寸サイズの世界が彷彿と湧きあがります。 ルーペで見てもよし、壁にかけてもよし、いろいろな楽しみ方ができる最新作です。

  9. 展示権付(マスターレプリカライン)
    マスター・レプリカには、「展示権」が付与されています。 お買い求めいただいたお客様は、そのマスター・レプリカの貸し出しや、展示デモンス トレーションなどが、弊社の許諾なく自由に行えます。

  10. 優れたマチエール(質感)表現により、原画がもつ「美と感動」 を現代に伝えます。

    リマスターアートの最大の特徴は、原画にまさるとも劣らないマチエール(質感)表現に あります。リマスターアートは、言い換えれば、原画のもつ「美と感動」を現代に伝えるメディア ということができます。

Ars Techne Corportion 1-10-24,Sengawa-cho, Chofu-city Tokyo, Japan
Ars Techne Digital labo.
Ars Techne Promotion



@Muse d'Orsay/Ars Techne